【アイデンティティの再構築】未来のミライを解説&感想レビュー【ネタバレ】

細田 守 監督作品「未来のミライ」

公開された当初から賛否が凄く分かれてたこの作品.

「子育て観を押し付けられているように感じる」とか「話が子供だましでつまらない」とか主にこういう感想が凄く多い.

でも筆者的には割と好きな作品だったりする.(私が今現在,人生においてこの作品のテーマをもろに感じる時期なせいもあるかもしれないが)

そこで今回はこの映画が言いたいことを解説するとともに,レビューをしていきたいと思う.

 

目次

  • アイデンティティの喪失と再生の物語
  • まるで絵本のような話運び
  • 親の見てないところで子供は育つ
  • 早い話が「細田版となりのトトロ」

 

アイデンティティの喪失と再生の物語

この映画,つまりは

「クンちゃん」という唯一無二の「家族のアイドル」が,そのアイデンティティを失い,
「ミライちゃんのお兄ちゃん」という新たな存在意義を見つける話
なのである.

妹の「ミライちゃん」が生まれることによって,「お父さん」と「お母さん」からの愛を失ったように感じてしまったクンちゃん.

だがクンちゃんは物語の中で,未来からやってきた「ミライちゃん」の導きによって次第に自分が何者なのかを認識していくことになる物語だ.

よくこの映画の批判としてある
「子育て観や家族のカタチを押し付けられているように感じる」という感想は,長子が避けて通れない宿命子供の成長,親の成長はこうあるべきという説教クサい話として取られてしまう場合が多いからだと感じる.




だが,実際この映画の主張はそんなことでは無く,価値観の押し付けなどでは無い(パンフレットを読んでれば分かる).もっと人生において普遍的なこと,「アイデンティティの喪失と再構築」なのである.

皆さんも,「自分自身が何者なのか」「今,どうあるべきなのか」といった疑問を人生において何度も抱いたことがあるだろう.この映画のテーマはまさしくソレだ.

子供視点で描かれることや,家族が舞台になっていること自体は,このテーマを描くためのひな形に過ぎない.今現在,細田監督にとって一番タイムリーな「アイデンティティの喪失と再構築」の物語を子育てに見出したというだけなのである.

まるで絵本のような話運び

子供にとって絵本とは,1位,2位を争う重要なメディアだ.

小さいころに抱く恐怖,喜怒哀楽,それらを絵本から学ぶことは多いはず.劇中のクンちゃんも絵本にかなり影響を受けている様子だった.

この映画はよく「子供だまし」のような批判を受けることがあるが,それはまさしく
この物語が「絵本」だからだ.

ご先祖様や過去の母親との出会い,その一つ一つからクンちゃんは大事なこと学んでいく.子供にとって,それは一冊一冊の絵本から喜怒哀楽を学んでいくこととほぼ同じこと.
だからこそ物語は敢えてできるだけ断片的に,オムニバスのように進んでいく.

子供視点で描かれるからこそ,子供が感受しやすいカタチの物語として作られているのだ.

親の見てないところで子供は育つ

「子育て観,家族間の押し付け」みたいな批判が多いことと,決してそれが目的ではないことは前に述べた通りだが,

この映画の中で唯一,監督が「子供とはこういうものだ」と明確に主張していることがある.見出しの通り,

「親の見てないところで子供は育つ」ということだ.

この映画の中で,現在の「お母さん」や「お父さん」は完全に外野だ.
少なくともクンちゃんに対してはあまり親らしいことはしていないように感じる.結局成長したのはミライちゃんの導きとは言え,クンちゃんの自力なわけだし.

だが,この映画の中で一番大事であるといっても過言ではないシーンでは,「お母さん」が一番重要な役割を担っている.

・中盤の展開

中盤,過去のお母さんに会いに行くシーンがある.
昔のお母さんはイタズラッ子で,親がいないスキにクンちゃんを誘って散らかし放題.

「お母さん」のお母さん,つまりクンちゃんのおばあちゃんが帰ってきたとたん,案の定怒られる始末.そして現在に戻り,お母さんは過去にイタズラして怒られたことをおばあちゃんと一緒にアルバムを観ながら振り返る.
その中にはなぜか回想に登場しなかった弟,つまりクンちゃんのおじさんの存在が語られる.


コレ,つまり完全に今のクンちゃんと同じ境遇なのだ.

お母さんは弟が出来たころ,クンちゃんと同じように「兄弟コンプレックス」を持ち,親に構ってもらえないうっぷんをイタズラで晴らしていたのだ.

だから「弟と仲が良かった」みたいな話題になりながらも,子供のころの回想には弟は出てこない,クンちゃんの目には自分勝手な理由で,親に迷惑をかける幼い母親の姿だけが映る.



・無限の可能性で見て,聴いて,成長する

親や先祖,未来の自分自身の「弱さ」をタイムスリップで垣間見ながら成長するSF的な話として描かれるが,

これは細田監督が子育てを通して感じた,子供の無限の感受性のメタファーだ.

実際の子供を見ていてもそうだ.周りの環境や親の考え方,かすかな言動から物凄い吸収力で自我を形成していく.

つまり
「大人には理解の及ばない世界(親の見ていないところ)でこそ子供は爆発的に成長する」という子供の可能性を描いた物語なのである.

未来の妹として出てきた「ミライちゃん」が何者だったのか,なぜタイムスリップが出来たのか,といったことは劇中で何も説明がない.それは全て子供にしか理解できない世界での出来事だからだ.

敢えて説明しないことこそ,監督が自ら感じた「子供の世界」の証明なのだ.

早い話が「細田版となりのトトロ」

「こういう話どっかで見たなぁ」と思ったが,
「となりのトトロ」だ.

というかこの映画を見て初めて,トトロが「親の見てないところで子供は育つ」を描いた話なのだということに気付いた.

かなりトトロを意識した部分はあるかもしれないが,逆に言えば子育てを経験した親の「子供観」の行きつく先は同じだということなのかもしれない.

まとめ

解説というよりは,「『押しつけがましい映画』『親バカが作った映画』というようなそんな作品ではなく,明確なテーマを基に作られた作品なんだっ」

という映画の擁護記事のようになってしまったが,本当に「アイデンティティを取り戻す」と「子供の感受性の可能性」を見事にマッチさせた素晴らしい映画なのは確かなことだ.

この記事で述べたことを心にとめてもう一度,この映画を見る機会を得ていただければ幸いです.

【誰も気にしてません】一人映画,行くべき&恥ずかしくない理由

「映画を一人で見に行くことが苦手」


思っている人,たくさんいるんではないだろうか?

今回は映画は一人で見に行っても,全く恥ずかしくもないし,むしろ楽しめる理由

をQ&A形式で述べていきたいと思う.



Q.恥ずかしくない?

A.あなたのこと,誰も気にしてませんからァァァ!!

 

ハイ確信ですね,もうコレが分かってもらえれば後はどうでもいいって思ってます.

恐らく映画に一人で行けないと言っている人にとってはこの部分がネックなのではないだろうか?

でもアナタが一人で劇場に入ってこようと,

誰もアナタを気にしてなどいない.

「一人で映画館に行けるか」とかの話題に関係なく,他人はあなたの行動などに関心は無い.

もしアナタだったら劇場に入ってくる人間ひとりひとりに注意など払うだろうか?「誰か入ってきたなぁ」程度には思うかもしれないが,それで終わりだろう.

早い話が

「ひとり~」が出来ない人は周りを気にし過ぎなのだ.

Q.みんなで行った方が楽しいでしょ?

A.鑑賞中は皆ひとりです.

 

そもそもの話として,

映画を鑑賞している最中に「他の誰か」は必要ない.

映画館で見ている最中,
一緒に見に来ている人と何かを話すだろうか?
感想でも言い合うだろうか?

鑑賞中は私語厳禁なのだから,誰かと語らいあいながら鑑賞することなどまずありえない.誰か気にしながら見る必要などどこにも無い.

映画館に足を運ぶ最大の魅力は,
話に没頭できることだ

大音響や暗室,大画面によって家で見ているときには味わえない没入感の中で鑑賞することが映画館の魅力なのではないのだろうか.

映画の世界にどっぷり浸る,その体験の最中に誰かの存在を感じながら鑑賞するなど邪魔以外の何物でも無いと思うのだが気のせいだろうか.

Q.そんなのできるのお前だけだよ

A.「一人映画」は大勢いる

こちらのサイトにTwitter上での声が載っている

「一人映画は恥ずかしい?ネットで大きな論争に」

これらの声を見れば分かるように一人で映画を見に行く人なんて大勢いる.
「人と一緒に行動する」ことが美徳であるという精神が根付いてしまっている.

誰にも縛られず行動することに目を向けてみると,違った世界が見えてくるかもしれない.

まとめ

一人映画に行くべき理由,恥ずかしくない理由について述べてみた.

皆さんもういい大人なのだからいい年こいて「一人でアレできない,コレできない」なんて言っているよりも,一人でできることに目を向ける方が今後の人生のためにもなると思う.

ちなみに僕は高校生のころからやってた.


この記事が,「一人映画」を前に足がすくんでいる人の助けになればと思っています.

SWEP9邦題「スカイウォーカーの夜明け」に決定,どこからツッコめばいい?

「スターウォーズEP9」の邦題が「スカイウォーカーの夜明け」に決定した.

「ダサい」「長い」「今さら?」

といろいろ総ツッコミを入れたくなるが,今一度グッとこらえて色々考えを述べていきたい.

また恐らくSWがディズニー傘下になってからやりたかったであろう,ユニバース化に失敗(個人的にだが)してるようにみえること

行き当たりばったりの制作体制がもはや漫画の週刊連載化していることについて考えていく.

 

「スカイウォーカーの夜明け」ってダサくないですか?

別にいい,感じ方なんて人それぞれだ.カッコいいと思う人もいるだろう.
僕は思わないが(大人げねぇ).



「Rize of skywalker」

という原題が出た時から薄々思っていた
「これの邦題は確実にダサくなる」と

そして案の定だった.邦題はダサくなるというジンクスは昔からあるが,その魔の手がスターウォーズにまで伸びてくるとは…。

そもそも現代からしてダサい.
「ジェダイ」だとか,「帝国」「フォース」みたいな作中固有名詞を題名に入れることはこれまでにもあった.それ自体を否定するつもりは無い.

ただ,「スカイウォーカー」って,なんか違う.
なぜそう思うのか,世界観が小さく見えるのだ

もちろん作中において「スカイウォーカー一族の栄華と衰退」は常に物語のメインストリームである.「帝国の栄華と繁栄」と共にあった.

そのルーツをめぐり,原点に立ち戻る,何かそんな話になることはだいたい予想はつく.だけどメインは宇宙の調和だったり,フォースの安定の話だったり銀河規模の話だ.
けっして「スカイウォーカー一族のイザコザが全ての現況で,それが解決すれば万事解決なんだよ」ってことでは無い.


「スカイウォーカ―一族の話なんです!!」

と副題にまで描いてグイグイ主張されると,「話のスケール,ちっさ」っとなる.
そういうことって文字にしちゃダメな気が.映画なんだからさぁ.

世界がスカイウォーカー中心になり過ぎ

このEP9の題名からも思うことだが,
「スカイウォーカーを探せ」「スカイウォーカーは過去の遺物」だとか,2015年からの「レイ3部作」はスカイウォーカーの話に寄り過ぎだ.

さっきと同じことを言うがスケールが小さく見えるのだ.

「フォースの覚醒」の公開時点でどういう方向性だったかは知らないが,スカイウォーカー一族ありきの話にしなければならなくなった現況は完全に悪名高いライアンジョンソンの「最後のジェダイ」からだ.

「ルークの教育ミスで弟子が暗黒面に奪われた」とか,「スカイウォーカーを葬らないと俺はベイダーに成れない」とか,あざと過ぎるぐらいにそっちの話に持っていこうとする

ライアンジョンソンがEP8を脚本まで掌握して好き勝手やったせいで,EP9までシナリオの方向修正を余儀なくされていることは想像に難くない.

EP8で「過去の伝説不要論」みたいなことしこたま描いた後に,
「スカイウォーカーの復活」ってw

要は下に書いたようなことが起きてるってことだ.

まるで漫画の連載みたい

読者の顔色をうかがいながら話の方向性を修正していく,それが漫画の連載というものだ.

このやり方,状況に応じて話を改編できる反面,通しで見るとそこまで話の完成度は高くないことも事実.

ディズニー制作体制のスターウォーズがやっていることは正にコレだ.

・ルーカスのSWでは

「シリーズものの映画なんてみんなそんなもんでしょ」と言われるかもしれないが,そういう問題では無い.

EP1~3,4~6では各々の3部作の大体の話のオチや流れは決まっていたという.例えばアナキン3部作のオビワンとアナキンの戦い,「溶岩の惑星での師弟対決」というプロット自体は「ファントム・メナス」制作前から決まっていたようだ.

つまり,ルーカスの中にあったスターウォーズ世界は全て一つの作品として,ほぼ完成していたということだ.

・漫画化とユニバース化の真似事

それに対してディズニー傘下のSW,漫画の連載に例えたように
EP7~9の3部作は最初から流れやオチがが決まっていたわけではなく,ディズニーの茶々入れによって行き当たりばったりで進んでいるということだ.

「まるで漫画の連載」っとバカにしてはみたが,これは今流行りの「ユニバース化」をディズニーがSWにも取り入れようとした結果だ.

ユニバース化とは,マーベルやハリウッド版ゴジラシリーズなどのように,次々にスピンオフ映画や大集合映画を生み出せるように,一つの世界や設定を共有してシリーズを制作していく体制である.

恐らくディズニーはこれがやりたかった.

ルーカスが自主制作体制の中で守り抜いてきた,緻密なプロットを基に制作していくことよりも,後の興業やシリーズ化を優先するために,行き当たりばったり,制作体制ブレブレで作っていくことを選んだのだ.



ディズニーの経営陣はあまりスターウォーズファンを舐めない方がいい.

こんな事情,大体ファンも分かってるから.

ドキュメンタリー映画「ピープルvsジョージルーカス」などで語られたように,もはやスターウォーズという映画は一個人の物ではない.

ましてここまであからさまにキャラクタービジネスの道具にされて,ファンがキレないとでも思っていたのだろうか.








「商売人に茶々入れされて,変に変えられるくらいなら,自分の金で自分で作るわ」

という態度を長年変えてこなかったルーカスの気持ちが本当に良く分かる.権利を売った瞬間案の定なんだから.

まとめ

エピソード9の邦題が決まったということでその感想と新シリーズに関して思うことを描いてみた.

もうどこのブログでも描きつくされてるような愚痴になってしまったが,そうなるのも仕方ないのが「ディズニーの権利ビジネス」の道具にされているスターウォーズの現状だ.

金儲けが資本主義の大前提であることは分かっているがこれではあんまりだ.

僕たちが憧れたスターウォーズの神秘性が金儲けのために失われていく気がするのは気のせいだろうか.

大切なことは言葉にならない『海獣の子供』ネタバレ【感想レビュー】

巷で話題の「海獣の子供」

圧倒的なビジュアルと難解な内容で賛否両論のこの映画.
観に行くか迷ってる人のために何がそんなにいいのか全力でプレゼンするつもりで描いてみる.

あらすじなんかは公式サイトかどっかで見てほしい.敢えて描くまでもないので.

テーマ:大切なことは言葉にならない

結論から言ってこの映画のとても大きな主張のひとつ

「大切なことは言葉にならない」

これが分かればそれでいいのだ

正直,この映画は話がメチャメチャ複雑だ.ネタバレをしまうと星の誕生の物語のようだ
簡単に言えば,「海」と「空」という星の因子を持った少年たちが,地球から星となって宇宙に旅立つプロセスを描いた話だ.

だけどボンヤリ見てる分にはこんなこと簡単には分かりゃしない.

分かる人には分かるんだろうけどあまりに情報量の多い絵面がずっと続くのでだんだん理解しようとするのに疲れてくる

「画は綺麗だけど,このシーン何が言いたいんだ…」
「気持ち悪い」
「なんでこんな唐突に不気味なシーンが…」


ホント終始こんな感じなので後半はシートにふんぞり反って観ていた.

だけどこの「何これ…」の感覚に陥ること,これがこの映画の主張そのものである.

本当に生々しく,ダイレクトに感じる光景,それは言葉にならないのだ.

・「何その感情論…」と思ったアナタ

ここまでの文章だけ読んでたらそう思うのも当然だ.だけどこの映画,見てもらうと分かる.

言葉ではなく,とことん絵のチカラのみで,生命誕生の神秘を描き切ろうとしているのだ.

海流の表現

魚の大群のド迫力
彼らが時折見せる「未知」の恐怖
主人公たちが見せる生命の探求
その過程に存在する残酷な現実


これら全てが殆どの説明なしにアニメーションだけで表現されるのである.

先ほど述べた「星の誕生の物語」であるということが理解できなかったとしても,この物語が生命誕生のプロセスを描いた物語であることは「感じることはできた」はずである.

(セリフでもある程度補完してたけど.魚や海流は明らかに受精のメタファーだったし)

「感じることができた」.生命の尊さ,命のリレー,大切なことを表現するために敢えてアニメーションで感じてもらう

この作り手の拘りこそがこの作品のテーマ

「大切なことは言葉にならない」

そのものなのである.まさに「考えるな,感じろ」を体現した映画だ.

このテーマ,映像作品そのもののあり方をも表現していると思う.
物語をわざわざ映像に起こす意味,それは映像で感じてもらうためだ

セリフが大事なら小説でも,文章でも,字面で伝わる媒体を使えばいい.でもこれはアニメーションであり,映像作品だ.ビジュアルで伝えるチカラ.それが一番大きくあるべきなのだ.

これから見に行く皆さんは感じながら,もう観た皆さんも感じていたことを思い出しながら余韻に浸ってみることをおススメする.

テーマとリンクする琉花の成長

・琉花と周囲の関係

本作の主人公・琉花はぶっきら棒な少女である.

部活の最中に友達にケガをさせてしまっても,上手く謝り方が分からない.

謝ろうとあれこれ言葉を考えるものの,友達から逃げたい本心から「かくれんぼ」を繰り返してしまう.

また家族とも上手く接することが出来ず,酒浸りの母親,仕事人間の父親とも上手くいかない様子.

玄関のビールの空き缶,靴など,「家の顔」ともいうべき玄関の様子を通してこの家族の不仲がたびたび描かれる.

序盤の音が立たないように空き缶を袋に入れるシーンとかは,何故か心がキュッとなる.

話はそれるが
こういう描写一つ一つが筆者の学生時代を見ているようだった.

どうしても素直になれない10代という時代.そのモヤモヤが全て集約されているようで,もどかしく,そしてどこか懐かしい体験が再び襲ってきたようだった.

・夏の出来事と琉花の成長

ぶっきら棒な少年少女の成長物語,といえば良くある話だが

この映画ではテーマと少女の成長が上手くリンクしている.

再三述べた「大切なことは言葉にならない」だ.



「祭り」に立ち合うことで,命は壮大過ぎる過程と連鎖の中で紡がれているものであることを

そしてすべては海と空からのメッセージであり,決して言葉などでは無く,感じることでしか受け取れないものであることを知る.

物語の最期,二つの重要な描写で,琉花の成長が締めくくられる.

友との和解
命の音

これら二つはどちらも言葉ではなく,琉花が「感じること」で描写されている.

ぶっきら棒だった少女は言葉に頼らず心を通わせ,へその緒を切る音を聴くことで生命の継承を再び目の当たりにする.

主人子・琉花の成長と,作品のテーマ,この二つが完全にリンクしている構造が本当に美しく,また難解だった物語が全て彼女の成長の物語として完結させる作り手側の配慮も見て取れる.

まとめ

原作未読だったり,パンフレット未購入だったりして,話を完璧に理解できていない部分もあるので,まとまりのないレビューだが,

とにかく「大切ことは言葉にならない」これだけが分かればいい映画だと思う.この記事がまとまりがないのも言葉にならないからってことで許して.

あとこの映画を見た後に米津玄氏の公式youtubeチャンネルに上がっている主題歌「海の幽霊」のMVを聞いてみて欲しい.映画を見た後では聞こえ方がマジで違う.

原作ファンの彼が作った曲ということで,映画本編では端折られた「椅子」のエピソードをイメージした曲となっているようだ.

とにかく凄まじい映像体験だった.映画館に足を運ぶ価値のある映画であると思うのでぜひ鑑賞してほしい.

【ネタバレ】不二子の「母性」と男たち,LUPIN THE Ⅲ 峰不二子の嘘 感想レビュー

ハードボイルドなルパンと一味の活躍を描く「LUPIN THE ⅢRD」今回はその最新作「峰不二子の嘘」を鑑賞してきたのでレビューする.

本記事ではこのシリーズのテーマ,「男とは何か」についてのみフィーチャーしたい.
その他の部分はまぁいつも通り最高のクオリティだったので敢えてスルーする.

 

 「LUPIN the ⅢRD」が 目指す切り口

全2作では次元,五ェ門にフィーチャーした本シリーズ.今作ではファン待望,時には味方,時には悪女の峰不二子がメインキャラとして物語が描かれる.

それと同時に二人のゲストキャラと不二子の関係を通して,シリーズ共通のテーマ「男とは何か」を全2作とはまた違う切り口で表現している.

ズバリ,母性と男

この二つの関係を通して,「男とは何か」が描かれる.

・ざっくりストーリー紹介

とある企業から5億ドルを横領した男の基で,秘書として働いていた不二子.だが企業が雇った殺し屋ビンカムによって,男は殺害され,5億ドルのありかを知る息子ジーンと共にが企業から狙われることに.今までとは違う「子供」という難敵を前に奔走する,不二子とルパン一味の活躍が描かれる.

不二子の「母性」と男たち

ルパン一味の面々を順番にフィーチャーしていく,本シリーズ.前述の通り,このシリーズの裏のテーマは「男とは何か」を描くことである.でも今回の主人公は題名の通り峰不二子.

じゃあ今作ではどうやって男の本質を描き出したか.

この記事では不二子と二人のキーパーソンの関係によって描かれた「男の子」として男性像について考えてみたいと思う.

・不二子に「母」を求めるジーン

物語のカギを握る登場人物ジーン,まだ子供でありながら父が残した大金を使って,親の仇であるビンカムを討つようルパンたちに依頼する.

不二子に関わる男性としていつもと違うのは,まだ色仕掛けの意味も分からない子供であるという点である.天涯孤独となったジーンに対して「母親になってあげる」と彼に近づき大金のありかを聞き出そうとする不二子.だがビンカムに対する復讐心は硬く不二子にも心を開かない.

僕だったらこんな大人のお姉さんに言い寄られたら,一瞬でゲロッってしまうだろう.
普通はそうだ.きっと

・不二子に初恋する敵,ビンカム

不二子編ということもあり,敵でさえ彼女の魅力に取りつかれてしまう.

前2作の敵キャラ同様,「組織」によって作られ,生まれたときから奴隷のような扱いを受けてきたビンカム.

しつけ役のような女性にムチと木の実で餌付けされ,さながらサーカスの猛獣ようである.おそらく女性との触れ合いは生まれてこの方しつけ役の女のみであり,「母」と呼べるものを知らずに育ってきたことは想像に難くない.

そしてこのビンカムの不二子に対する心境の変化こそがこの物語のカギなのである.

・ジーンとビンカムの共通点

この二人のキャラ.全く違うもののように見えて実はすごく似ている.

二人とも母を知らず,女を知らないのである.

不二子と関わることで彼女に「母」と「女」を求めるようになるのである.女性にとってはあまり理解できないかもしれないが,これはまさに男の子の特徴だ.

色仕掛けが通用せず,頑なに復讐を誓っていたジーンは次第に不二子に母親を重ね,女性としても意識し始める(金庫の番号を記していた時).

ビンカムも序盤のカーチェイスや不二子によるスキンシップの影響で徐々に女性として彼女を意識していき,ある発言から母としても彼女を求めていたことが分かる.

母親=初恋

・ビンカムの初恋,そして母への思い

結論から言うと男の子にとって
母親=初恋なのである.

生まれて初めて触れ合う女のカタチ.母の影をいくつになっても忘れることのできない生き物,それが男だ.

劇中でビンカムとジーンが求めたものは,母親という形を取った初恋に他ならない.

今作で重要なのは,「理想の女性像=母親」という男の不偏性を通して,このシリーズのテーマ「男とは何か」を描いていることなのである.

あれだけ荒々しく不二子を「女」として求めたビンカムが,しつけ役の女を「お前はもういらない」と絞め殺す描写には,「初恋の相手」として,そして「母親」として相応しくないという無意識に彼が感じた二つの愛の共通項が表れている.

・男は「母親」を忘れられない

母性的に描かれる不二子の描写は,男が忘れることのできない母親像を彷彿とさせる.

よく「息子は母親に似た人を連れてくる」なんて話を聞くが,それは事実としてあり得ることであるし,初めて感じた異性との触れ合いを男が忘れられないことの表れである.

今回出てきた二人の男性キャラが不二子に求めたものはそんな男が女に求めるもの,すなわち「母親のごとき優しさと包容力を兼ね備えた人」であり,それを理解し,利用する「峰不二子の嘘」が彼らの初恋に終わりを告げる

初恋とは往々にして叶わないものである.この映画を見てどこか切ない気持ちにさせられる所以は,僕たちが少年時代に見た初恋の儚さとリンクを感じ取るからだろう.

まとめ

ということでLUPIN THE Ⅲ 峰不二子の嘘」をレビューしてみた.次元ほどの衝撃は正直なかったが,久々大満足の体験が出来る作品だった.

ただのネタバレみたいなことはしたくないので,あまり触れなかったが,組織の全貌が徐々に明らかになる展開などもあり,シリーズのファンは必見の作品といえる.

描きたりなかったらまた追記するかも,ではまた.

画よりも「熱」を再現しろ,ワンパンマン2期が酷いワケを考えた【演出編】

誰に聞いても明らかに評判の良かったアニメ「ワンパンマン」1期.それに対してネットのあちこちで「クオリティが下がった」と話題の2期.
いったい何がネット民にそう言わしめるのかを個人的に考えてみた.
(ちなみに著者も2期はそんなに好きじゃない)

まあ結論から言ってしまうと1期の良かった部分がことごとくオミットされててしまっているからだと思う.本記事では主に演出面について語る.

作画,演出が「普通」になった

テレビアニメの作画としては限界突破レベルの描写が魅力だったワンパンマン1期.多少の造形の崩れなんて気にしないといわんばかりのアグレッシブな演出,書き手の魂の叫びが伝わってくるような情熱的なアクション描写の線.もう毎週毎週すごく楽しみだった.

では2期の作画はどうだろうか.結論から言って普通だ.日本で今やってるアニメの標準的なレベルだと思うし,力の入っているシーン何かは凄く頑張ってんなぁと思う.

だけど悪く言えばそれだけだ標準的なレベル,頑張ってるとこは頑張ってる,つまり裏を返せば手抜いたなって部分はもろバレだったりするってことだ.

特にアクションシーンで止め画を多用するのは本当にやめた方がいい.ジェノスvsソニックなんかは流石に見ていられなかった.

だけど作画で手を抜いても,動画ソフトのエフェクトとかで簡単に騙せちゃうこのデジタルアニメ時代のスタンダードだと思わなくもない.良くも悪くも今風な造りのアニメだと思う.

 

1期はまさに「創作」,原作の「熱量」を再現

1期に関しては作り手の表現者としての実力が凄まじかった.まず,破壊のカタルシスをしっかりと理解した人間が作っていること明らかだ.1話からそうだった.ビル破壊,爆発,土煙,「殴られた怪人の体表の波打ち」など,怪人の脅威やサイタマのパンチの威力などを演出する上で重要な破壊,ダメージエフェクトが丁寧に描写されるとともに,それをいかんなく活かすための特撮的カメラワークなども披露され制作サイドの拘りが見て取れる.これらが1期の魅力の半分を占めているといっても過言ではない.

さらに演出面では,キャラクターが常に「演技」をしているのが本当にすごい.「声優の演技が~」みたいな話ではない.

例えば,進化の家に乗り込む件で,阿修羅カブトとジェノスが戦う展開において.防戦一方のジェノスがサイタマの基にぶっ飛ばされるシーンに注目してほしい.満身創痍のジェノスに対してサイタマが常に「そんなに強いか?」といった表情でリアクションを取っているのである.これこそ普通は止め画でもいいはずなのにだ.

他に例を挙げれば,桃源団を前に立ち向かう無免ライダーのシーン.参上の口上を吐く前にトレースしたかのような滑らかな動きで自転車を止める描写が差し込まれる.彼の几帳面な人となりが伝わるとともに,ワンパンマンのシュールギャグ漫画としての側面が表現される巧い演出だ.

とにかくアクション作画が凄いだけでなく,作画によって紡がれる細かい演出が「ワンパンマン」という漫画を,そして登場キャラクターそのもののアイデンティティを引き出しているのである.

 

2期は「作業」,何も伝わってこない

対して2期はこういうところを凄く作業的にやっている印象が強い

アクション,会話などシーンに関わらず基本止め画が多様され,人物の人となりが細かく描写されている部分はあまり見受けられない.もちろんキングの顔面蒼白などは描かれるが,それはアニメーションとしての表現ではなく,原作である村田版から来ている要素だ.

個人的に2期になってから登場人物がみんな魂の無い人形のように見えるのはそういった細かい表現が足りていないからだと思うし,作り手がキャラクターや漫画の特性をしっかり理解せずに作っているからだと思う.

 

制作サイドの言い分

Yahoo!ニュースの「アニメ質問状」という記事で,2期のチーフプロデューサーなる人が,「細部まで原作に忠実な演出、絵作りにこだわって」みたいなことを言ってたけど,

こんなこと言う時点で1期スタッフが何にこだわって制作していたかを理解していない.
1期が再現していたのは原作の絵柄なんかじゃない,「熱量」だ

もしかしたら2期スタッフは
原作に忠実 = アニメーション表現の怠慢,と勘違いしているのかもしれない

 

もっと単純な話,1期が凄すぎた.

2期の作画や演出のネガティブチェックをしててもキリがないので,もっと一般的な話をしよう.
1期が凄すぎたせいでアニメ「ワンパンマン」への期待値が上がり過ぎたのだ.

間違いなく,1期を堪能した人達にとってワンパンマンとは「神作画コミコミのコンテンツ」だ.そしてそれは1期のタッチ,つまり前制作会社の色で作られたワンパンマンのことを指している.別の制作会社が作ったあんまり動かないアニメーションで描かれるワンパンマンが見たいわけではないのだ.そもそも論として需要と供給が合っていないのである.

まとめ

ということでワンパンマン2期が詰まらない理由について,作画,演出面について着目して語ってみた.今後「テンポ,話運びが悪い」「ガロウ編がそもそもアニメに向いてない」とかについても記事を出していきたいと思うのでよかったら見てほしい.

「男」とは,「LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標」 感想レビュー【ネタバレ】

「峰不二子の嘘」の劇場公開合わせて,「次元大介の墓標」「血煙の石川五ェ門」がリバイバル上映されている.以前からこのシリーズを追いかけていたが,「不二子」を観たら今一度見直してみたくなったので二つとも金払って観てきた(特別興業らしく「不二子」より安い1200円).この記事では「次元大介の墓標」をレビューしてみたいと思う.

 

超ざっくりストーリー

東西に分かれた「ドロア」という国を舞台に,歴戦のスナイパー「ヤエル奥崎」に命を狙われることになった次元とルパンコンビの戦いを描く.その戦いの中で世界一の治安を誇る「ドロア」の真実,ヤエル奥崎の凄腕の理由が明らかになる.

ざっと書くとこんな感じのストーリーだが,物語序盤から巧みに張り巡らされた伏線,無駄のない描写,勝利のロジック,何もかもが華麗に作りこまれている.

観客を引き込む巧みな構成

序盤からルパンが街のいたるところから視線を感じているような描写が挿入される.

最初はビルの一角から視線を感じるが,その直後にビルから狙撃するヤエル奥崎の描写が挿入されるため,その時点で観客はそれが何か重要な描写であることには気づきにくい.

その後のトンネル内でルパンが視線を感じる描写においても,ヤエルとのカーチェイスの最中であるため,基本的に観客はそのことに注意を払っている暇がない.

つまり,伏線が張られていても観客が感じる違和感や注意を一瞬だけルパンとリンクさせながら,その直後にはほかの描写のインパクトで上書きさせることで,トリックに観客をハメることに成功しているのである.

そして物語の最期に訪れるネタ晴らし展開において観客は初めて

「うわぁ,してやられたぁ」

と,この話運びの巧妙さに気づくことになる.しかも,一緒に違和感を覚えていたはずのルパンは

「いや,俺は最初から気付いてぜぇ?」

と,言わんばかりに伏線描写をすべて拾い集めながら謎解きを始めやがるのだ.

ルパンと一緒に,観客を完全にこの世界に没入させながらも,謎解きフェーズではルパンの一枚上手感を演出される.
つまり,今度は謎解きをされている敵キャラ,ヤエル奥崎側の視点で観客は「狐につままれる」体験をすることになるのである.

何というか本当にお見事としか言いようがない.完全に観客を引き入れ,その中で翻弄する展開.なぜか鳥肌と爽快感が同時に襲ってくる.

本シリーズが描く,「男とは何か」

今回の主役である次元が戦う理由は単純な話,女のためである.次元に個人的にボディガードの依頼をし,東西ドロアの平和を願いながらもヤエル奥崎に暗殺されたクイーンマルタ.彼女の無念を晴らすことが次元の行動原理である.一見ただの敵討ちの話に聞こえるかもしれない.

しかし,クイーンマルタ,ヤエル奥崎というゲストキャラと次元の関係を通して,作り手側,そして次元が持つ「男」のビジョンが見えてくる.

・次元にとっての「男」と,ヤエル奥崎

改造ライフルや防犯システム,一発装填銃を駆使して暗殺を行ってきたヤエル奥崎.次元の雇い主クイーンマルタも手にかけた.彼との初戦で敗れ,同じような銃で迎え撃つことをルパンに提案されながらも次元はそれを断固拒否した.

「俺に言わせりゃ,ロマンに欠けるな」

このセリフが示す通り,次元にとって女に手を出したり,合理的な手段に頼るやつは男では無いのだ.ヤエル奥崎はこの物語において,次元というロマンチストに対するアンチテーゼであり,「男とは何か」を示す上で重要な位置づけの人物となっている.

これはシリーズを通して強く主張されてきたところだが,ハードボイルドが売りのこのシリーズにおいて一つ重要なテーマとして「男の性」が描かれていることが分かる.

・女の前での男

女が絡むと中々素直になれないなんてのは男ならいくつになっても変わらないものである.作中の次元も同じだ.「クイーンマルタのために」なんて絶対に言わない.だが次元の言動に照れ隠ししてしまう男の側面が見え隠れする.


決闘後,クイーンマルタ暗殺が陰謀であったことをマスコミにリークした理由を問われ次元が言ったセリフが

「俺はただ,うめぇタバコが吸いたいだけだ」

である.本当にシビれた.まさに男としての自分を貫きながら,女のために尽くす.これぞ男のロマンである.

「ルパン三世とは何か」を再認識させるラスト

これだけ男のリビドーを刺激してきた挙句にやってくるラストシーン,「うめぇタバコが~」の後に,カラミティFile(要人の暗殺依頼が乗った文書)を燃やしながらルパンが発したセリフに衝撃が走った.

「俺たちゃ別に正義の味方じゃねぇ」

ルパン三世という物語のあり方を示す一言.作中の二人のメチャメチャカッコいい活躍をさんざん味わい,満腹になった観客を一気に現実に引き戻す一言である.

彼らは正義の味方でもないし,暗殺をけし掛けた連中を裁く権利など持つはずもない「一介の泥棒と,一介のガンマン」なのである.義賊的でありながらも反社会的な危うい立ち位置にいる彼らがなぜ僕らを魅了するのか,その理由がすべてこのセリフに集約されているといっても過言ではない.

まとめ

以上「LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標のレビュー」をしてみた.普遍的な男の理想像が集約されたまさにハードボイルドを体現する作品だった.いい具合にストーリーを忘れていたし,この機会に劇場の大スクリーンで見ることが出来たのは,新たな発見もあって本当に貴重な体験だったと思う.

最初でも言った通り,「不二子」の上映期間中は「五ェ門」と一緒にやってると思うので,これを機に皆さんも足を運んでみてはいかがだろうか